2018年07月19日

しつけ糸について

皆さま。普段はどんな「糸」でしつけ縫いをしているかしら?

こちらはショップで取り扱いを開始したクロバーさんの「しつけ糸」
ちょうどよい太さで軽い力でも切ることができるお勧めの「糸」です。

しつけ糸01.JPG

この「しつけ糸」使い方を間違えると使いにくくなってしまうので
こちらでご紹介しますね♪

まず、袋から出したら巻いてある紙を外します。
2カ所ほど糸で巻いてある箇所があるのでその片方を
下の写真のようにハギレで結んでおきます。

しつけ糸02.JPG

反対側の「わ」になっているところを裁ちバサミで切ります。

しつけ糸03.JPG

あとは日に当たらず変色しにくい、邪魔にならないところにかけておき、
使用する時は上から1本ずつ引き出して使います。
(使い切るまで数年かかるので置き場所は大事ですよ)

しつけ糸04.JPG

最初にカットしてあるので使う時は引き出すだけなので簡単♪
糸が絡まないようにハギレで結んだ位置を軽く握って引き出してくださいね。

この1本がしつけ縫いや切りじつけをする時に最適な長さなんです。
短すぎると何回も針に通さなきゃいけないし、
長すぎると途中で絡まりやすいので、長さも結構重要なんです。

しつけ糸06.jpg

ちなみに、こちらは応用編。
ハギレで結ぶのは1カ所だけにしてゆるく三つ編みしています。
こうすることで持ち運びもしやすくなり、引き抜く時にも絡まりにくくなります。
(使う時は上の時と同様に、ハギレでとめてあるところから1本ずつ引き出します)

しつけ糸05.JPG

ショップの商品ページはコチラから
パターンレーベルの「おすすめお道具」はすべてポイント10倍です♪
posted by ユーカ(you*ka) at 16:08 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | オススメなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

ループ返しの使い方

共布ベルトや共布ループを表に返す時に使う「ループ返し」
皆さまは使ったことがありますか?
これを使わなくても時間をかければ表に返すことは出来ますが
あるとすごーく早くストレスなく返せますの♪

ループ返し.JPG

せっかくなのでブラウスなどのボタンあきで使う
細〜いループで使い方をご紹介しますね。

共布ループ01.JPG

まず作るループの長さに合わせて布地を準備します。
リバティなどの薄手の布地の時は裏側に芯を接着しておきます。

共布ループ02.JPG

使うのは真ん中のバイヤス地の目の部分だけ。
余分なところは切ってしまいます。

共布ループ03.JPG

こんな感じで中表にして縫い合わせます。
この時に片方だけ口を広くしておくと表に返しやすくなりますよ♪

共布ループ04.JPG

縫い代を1mmぐらい残してカットします。
芯を貼っているのでこんなにギリギリでも大丈夫♪

共布ループ05.JPG

ここで「ループ返し」の登場です!
写真のように下側の金具を布地に突き刺し、
上側のフックを布端にひっかけて左手で真ん中あたりを持って
右手で下方向に引っ張ります。

共布ループ06.JPG

少しずつやさしーく引っ張るとこんなふうに表に返ってきます。

共布ループ07.JPG

そのまま最後までずらしていけば簡単に表に返ります♪

共布ループ08.JPG

最初の太い部分はカットして
もう片方もボタンの大きさに合わせてカットして完成です。

ループ返し先端比較01.JPG

ループ返しはメーカーによって先端の太さやフックの長さが違うのでお好みで。

ループ返し先端比較.JPG

先端の細いクロバーさんの「ループ返し」は
パターンレーベルのショップでも取り扱っております。
posted by ユーカ(you*ka) at 13:00 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | オススメなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

バンドカラーシャツのレディ-スアレンジについて

メンズの新作「バンドカラーシャツ」に沢山のご注文を頂いております。
女性の方からも自分用に作りたいというコメントが多いので
レディース風にアレンジする方法をご紹介します。

バンドカラーレディス.jpg
■モデル:身長156cm バンドカラーシャツ Sサイズ(ショート丈/袖丈3.5cmカット)着用

普段レディースのS〜Mサイズを着用しているモデルちゃんが
バンドカラーシャツ」のSサイズを着用しています。

メンズは胸の立体処理がないので身頃はそこまで大きく感じませんが
お袖はやや太く感じます。
肩の位置も少しドロップした位置になります。
前開き部分はメンズのレシピをそのまま反転して
右上前になるように仕立てています。

バンドカラーレディスバックスタイル.jpg
■モデル:身長156cm バンドカラーシャツ Sサイズ(ショート丈/袖丈3.5cmカット)着用

着丈は型紙に記載されているショート丈をそのまま使用。
袖丈はモデルちゃんの裄丈に合わせて3.5cm短く補正しています。

ビックシャツのイメージで着るならば、肩がもう少し下がるように
バンドカラーシャツ」のMサイズの型紙を使用して
着丈と袖丈をもっと短く補正しても可愛いように思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以下は型紙の補正の仕方です。
型紙を切る前に補正用にコピーをとっておくと作業がしやすいです。

補正01.JPG

女性の手首は細いので腕まくりしても落ちてこないように
袖口あきを3cm短く補正しました。

補正02.JPG

袖口あきの合印の位置も1.5cm短く移動します。

補正03.JPG

着る人の裄丈に合わせてひじのラインで短く補正します。(今回は3.5cmカット)
※裄丈はお首の後ろ中心から肩先を通って手首の少し下あたりの長さです。
パターンレーベルのサイズガイドFのところです。

補正04.JPG

袖の脇線(袖下線)がずれるので繋がりよく引き直します。

補正05.JPG

拡大するとこんな感じです。
下側の紙をあらかじめ残しておくと補正がしやすいです。

補正06.JPG

型紙の補正はここのみです。
前立て布(前あき部分)は裏返して裁断して
レシピの図解を反転して作っていますが、
途中あきの場合はどちらが上前になってもあまり違和感がないので
そのまま作っても大丈夫だと思いますよ〜。

■メンズ「バンドカラーシャツ」はコチラから
posted by ユーカ(you*ka) at 17:33 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | 商品のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

「Pattern Label」×「JUKI」コラボワークショップレポ-ト 2018
「CORDURAナイロンで作る本格サコッシュ」

先週末、ミシンメーカーJUKIさんの本社で、パターンレーベルの人気型紙
「サコッシュ」を作るワークショップが開催されました♪

コーデュラサコッシュ.jpg
「CORDURAナイロンで作る本格サコッシュ」

今回のワークショップ。
受付開始からたった3分で満席になってしまったので…
来れなかった方の為に後半のほうで縫い方のポイントもご紹介しますね。
来て下さった方は復習を兼ねて読んで頂ければと思います!

会場.JPG

前回の時と同様に、広い会場にミシンがひとり1台!
競争率が上がってしまうのも頷けるとっても贅沢な環境でのワークショップでした。

使用ミシン.JPG

使用したミシンは新商品の職業用ミシン「SL-700EX
工業用ミシンの技術を取り入れた職業用ミシンの最高峰。
わたしが愛用している「SL-300EX」の更に上のランクですよ!

講習中.jpg

最初に軽く説明をした後は、ポイントを書き加えたスペシャルレシピを元に
各テーブルに戻って各自でどんどん進めていくスタイル。

わたしとJUKIさんのスタッフで各テーブルをまわりながら
進み具合に合わせて作り方やポイントをレクチャーしていきます。

午前完成.jpg

時間内に終わるか不安いっぱいで始めた午前の部でしたが
普段から縫い慣れている方が多いのか全員が見事に完成!
わたしのあおりペースに最後まで付いてきてくださってありがとうございます!!

午後完成.jpg

午後の部は、午前の部が全員完成したということで少しだけ気持ちの余裕が。
しかも前回のワークショップにも来て下さった方が数名いらしたので
さらにアットホームな雰囲気で進めることができました♪

*******************************************************************

スムース押え.JPG

まずは最初の工程のタグ付け。
黒い布地の時には、布地にあたりが出にくいスムース押えがお勧めです。

続け縫い.JPG

お次は各パーツにコバステッチをかけるところ。
1つのパーツが縫い終わったら、次のパーツを差し込んで続けて縫うと
早く縫えて、糸の節約もできることをご紹介しました。

へら案内線.JPG

元の作り方レシピではアイロンで折ってポケットの案内線を入れるところですが
コーデュラナイロンは折り目がつかないので「へら」で案内線を。

この「へら」で案内線をひくやり方は、チャコで布地を汚したくない時に使います。
へら」は他にもいろんな使い方ができるのでショップでも扱うことにしましたよ♪

ファスナー仮止め.JPG

こちらはファスナーの仮止め。
待ち針が刺しにくい素材や厚みがある場合は「仮止めクリップ」が便利です。
こちらも取り扱いを開始しました)

ファスナー押えステッチ.JPG

皆さんが苦手と言っていたファスナー付けも
ジッパー押え」を使えば普通の直線縫いと同じぐらい簡単に♪
(ワークショップで使用したのはS2525という25mmタイプです)
ファスナー端の縫いにくいところは「思いっきりひっくり返す!」がポイントでしたよね。

内巻きテープ.JPG

パターンレーベルのショップでまとめ買いされる方も多い、隠れたヒット商品
内巻きテープ」も実際に使ってもらって縁取りが苦じゃなくなったかしら♪
布端をあぶって処理するヒートカットも感覚をつかんでくださいね。

肩紐.JPG

厚みがあるときの縫い始めはこんな風に押え金が斜めになっていると
縫い目がくるったり、前に進みにくいので、同じ厚みになるように
後ろ側にテープを添えて調整するやり方もご紹介しました。

肩紐フラット.JPG

押え金が布地と平行になっているのが解るかしら?

パワーのない家庭用ミシンでの厚物縫いの時なんかも
この方法でトライすると結構きれいに縫うことができますよ♪

フジックスさん.JPG

最後にご紹介したいのはフジックスさん「シャッペスパン」というミシン糸。
今回のようなしっかりめの素材のバッグから、
ワンピースのようなやわらかい素材のお洋服まで、万能で使えるミシン糸です。

丈夫さ、つや、引き締まり感は、ブランド糸ならではの安心感があって
ちゃんとした作品を作るときには欠かせない糸なんですよ〜。

もぐもぐ.jpg

ワークショップの最後は、お楽しみの「もぐもぐタイム〜」
全員がパターンレーベルのお客様ということもあり
わたしにとってはオフ会のようなとっても楽しいひとときでした♪

今回ご参加くださった皆さま、
会場準備をしてくださったJUKIさん
お道具を貸してくださったクロバーさん
ミシン糸を提供してくださったフジックスさん
本当にありがとうございました!
また、皆さまにお会いしたいので次のワークショップを考えたいと思います♪
posted by ユーカ(you*ka) at 20:10 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

「Pattern Label」×「CHECK&STRIPE」のワークショップ イベントレポ-ト 2018

今週の日曜日と月曜日、CHECK&STRIPE fabric&thingsさん(芦屋)で
去年に引き続き2回目のワークショップが開催されました。

88C4FBF6-6463-4EA8-9719-1A0D52E12B04.jpeg

素敵なお店でお客様に会える♪ 私にとっては最高に楽しみなイベント。
今回も「家族総出で4台の電話を使って予約とりました!」
「夫とともに30秒置きにリダイアルしました!」
「公衆電話が繋がりやすいという噂を聞いてスマホと2台持ちでかけました!」
などなど、いろんな工夫をしてお申込みをしてくださったそうでした。

65D422C7-D84A-4B6A-B730-9643289D4D73.jpeg

お客様の2割ぐらいは前回のワークショップにもご参加くださった方で
またお会いできたことがとても嬉しくて、なんだか心強かったです。
(次回も私の緊張をほぐす為にぜひお願いします♪)

209E093C-CA11-4964-925F-D0F226E727CD.jpeg

今回の課題はCHECK&STRIPEさんの「リネンツイル」で作る
裏なしの「セミフレアスカート」(150cm幅の用尺はM/1.7m L/1.9m)
日本製のリネン100%のスカートがこのお値段で手に入るなんてすごいですよね♪
(すべてCHECK&STRIPEさんのおかげです!)

5F0F1279-5821-4221-A922-62D1D527FA11.jpeg

初日の午前中は、今回のワークショップの基準となるドキドキの講義。
時間内に終わるのか、どこが間違えやすいのか、
私の予測とは全く違うところで時間をとられたりして
30分オーバーで完成までたどりつきました。

1C4F449D-E612-47A3-B147-3CE900B86032.jpeg

そして、2回目は前回の反省を生かしてもっと早く終わると思いきや
私も含め、時間を少しオーバーしても問題ない方が多かったので
焦らせることなく進めていたら、なんと1時間オーバー。
(すいません。すべてわたしの責任です…)

5DEE12B5-A50C-48AF-8004-BF316FADA621.jpeg

これではいけないと2日目からは、タイムスケジュールを作り直して
時間をアナウンスしながら進めて午前中は最短の20分オーバーで終了。
最後の回は、なんと5分だけしかはみ出ませんでした!
(やっぱりはみ出るんじゃん!とか言わないでね)

9B0F903C-67B7-4ED3-997A-F8A08B918F8B.jpeg

今回も確実にきれいなコバステッチがかけられるように
JUKIさんが「左段付き押え」を貸してくださいました。

2470BBB9-89F5-4C71-90BA-3720CD526CF0.jpeg

クロバーさんからはinstagramでもご紹介した
広幅ゴムを通すのに、ねじれず通せる便利なグッズたちを♪
左が「広幅ひも通し」で右が「ゴム端ストッパー」です。

A285FF8D-6896-413F-82D2-BCA406D00F68.jpeg

ワークショップに参加できなかった方にも縫い方のポイントを少しだけ♪

こちらは裾上げのコバステッチをかけているところ。
フレアスカートの裾上げは裾線に対して上げ線のほうが短くなるので
布地があまってしつけをしないとタックがよったりねじれてしまうんです。

4A745566-324B-494D-8F0E-B3D1B678F10B.jpeg

これを解消するのが「目打ちでいせ込みながら縫う方法」
目打ちを横から差し込むように布地を押し込んでステッチをかけます。
折山は「段付き押え金」の端にぴったり合わせて。
そうすると均等にいせ込まれてタックもよらずにきれいにおさまります。

23CA3F6F-EB64-43ED-9C58-293B41E09FAF.jpeg

広幅のゴムを通すときは、ねじれないように↑の道具を。
お菓子の袋をとめるのと見た目は似ているけど閉まり方がぜんぜん違います。
縫い止める前に試し履きをしてゴムの長さを決めると良いですよ♪

4C37B864-4EA9-4A3B-AF66-7C61BC0AF1A8.jpeg

事前にやっておいた自宅リビングを占拠しての裁断作業…
とっても大変だったけど済ませておいてよかったです。
これをしていなかったら裁断だけで終わっていたわね〜。

D33A2EC9-6ACA-4178-996D-0B4D81121DAE.jpeg

裁断したのは24人分、全部で216パーツ!
スタッフと二人で黙々と裁断した日がもう遠い過去のようです…。

C0B4B87A-680C-478A-BF59-471EE430323B.jpeg

とにかく、とにかく、私にとっては最高に楽しい2日間で
これから商品を開発していく上でとても勉強になりました。

来て下さった方、会場の準備をしてくださったスタッフの皆さま
お声をかけてくださった在田社長、本当に有り難うございました。
家に着いたら「表の目印シール」が靴の裏に付いていましたわ。

芦屋店でのイベントは明日19日の木曜日まで開催していますので
サンプルを見たり、試着をしに是非いらしてくださいね。
布地もその場で買えちゃうなんてなかなかない機会ですから♪
posted by ユーカ(you*ka) at 18:37 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

2017年も有り難うございました!

送料無料セールに沢山のご注文を頂き有り難うございます。
もうすぐ2017年も終わってしまいますね…。

今年1年を振り返って、私にとって一番勉強になったことは
ワークショップをやったことでした。
3月に神戸で開催されたCHECK&STRIPEさんのワークショップ
5月に都内で開催されたJUKIさんのワークショップ

IMG_0427.jpg

前年にもYKKさんとJUKIさんとコラボワークショップをやらせて頂いたのですが、
お客様と一緒にモノ作りをして沢山のことを学ぶことが出来たし、とても刺激になりました。

ショップのほうでは初めて布地と型紙をセットにした
「キット商品」をご紹介して大変ご好評を頂きました。
以下は今年仲間入りした「新しい型紙たち」です♪

DSC_6884.JPG
■1月の新作「ボックスペンケース」

コートイメージ.jpg
■3月の新作「ギャザーワンピース」

サコッシュ.JPG
■4月の新作「サコッシュ」

クロスエプロン.JPG
■5月の新作「クロスエプロン」

サニタリーケース.JPG
■5月の新作「無料型紙 サニタリーケース」


サコッシュmini.JPG
■6月の新作「サコッシュ ミニ」

タックワンピース.JPG
■7月の新作「タックワンピース」

ツインショルダーバッグ.jpg
■8月の新作「ツインショルダーバッグ」

フラットポーチ.JPG
■9月の新作「フラットポーチ」

キッズジャケットSP.jpg
■10月の新作「キッズジャケット」

パーティションポーチ.JPG
■12月の新作「無料型紙 パーティションポーチ」

まだまだ研究中の型紙もいっぱいありますが
ほぼ目標通り月1ペースで新しい型紙を発表することが出来ました。

来年はずっと出せていない新しいメンズアイテムや
ワークショップ用に考えた短時間で完成できるアイテムなど
今年研究しきれなかった型紙をたくさんご紹介したいと思っています!

本年もパターンレーベルをご利用頂きまして、本当に有り難うございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します! 
 
パターンレーベル 片貝夕起
posted by ユーカ(you*ka) at 19:25 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | ホームページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

旧作「アンコンジャケット」と新作「キッズジャケット」について

ここ2ヶ月程、アンコンジャケットの再研究をしていました。
息子達の卒園・入学の時に作った型紙。
次男の幼稚園の面接の時にも着せたな〜なんて
今でも作ったお洋服を通して、色々なことを思い出します。

アンコンT.JPG
アンコンジャケット(生産終了の型紙)

子ども達に「覚えてる?」と聞いてもほとんど記憶にないようですが
その時に撮った写真はしっかりと残っているので
息子達が親になった時に(そんな日が来るのか…頼むよ息子)、
愛情いっぱいに育てていたことに気付いてくれるかな〜って。

アンコンJK.JPG
アンコンジャケット(生産終了の型紙)

さて、発表してから5500型以上、出荷してきた「アンコンジャケット」
当時、家庭用ミシンで作れるジャケットの型紙はほとんどなく、
型紙はあっても作り方がなかったりと、
専門知識がある人にしか作りにくい状況でした。

でも、卒園式や入学式など特別な日に「ジャケット」って着ますよね。
子どもの成長の大事な節目のお洋服。

普段着は作っているのに、特別な日のお洋服を作れないなんて
そんなの絶対イヤ〜という私個人の熱い思いにより…
「はじめてのジャケット」の研究が始まりました。

アンコンck.JPG
アンコンジャケット(生産終了の型紙)

手作り子ども服の集大成「ジャケット作り」を長い間支えてきた
「アンコンジャケット」がついにこの度リニューアルされます。

新作「キッズジャケット」は、立体的になった上にパーツ数が少なくなって、
作り方も見直されてより簡単に作れるようになりました♪

キッズジャケットLP.jpg
■新作キッズジャケットキッズシャツストレートパンツ■116cm/24kg 120cm着用

どこが違うか分かる方は、どのぐらいいらっしゃるかしら?
モデルが変わったとか、そういうのはナシですよ!

この写真では少し分かりにくいのですが
脇パーツが前身頃とくっついて、パーツ数が少なくなりました。
更に、お袖も2枚袖から1枚袖になったので
全部で4枚のパーツが少なくなったことになります。

キッズジャケットSK.jpg
■新作キッズジャケット
キッズシャツワンウェイプリーツスカートリボンタイ■106cm/17kg 110cm着用


パーツが少なくなるということは、
それだけ裁断の手間も縫製の手間も少なくて済むので
結果的により短い時間で完成まで辿り着けるようになりますの。

でも少ないパーツで立体的なフォルムを出すのは難しくて
「アンコンジャケット」の時にはそれが実現できなかったのです…。

キッズジャケットSP.jpg
■新作キッズジャケットキッズシャツキッズショートパンツ■116cm/24kg 120cm着用

パターンレーベルをはじめて13年目。
「STYLE BOOK」を出版した時に「なんか出来そうな気がする」と思い始め、
やっと今年になって時間を確保できて研究を再開しました。

キッズジャケットSK02.JPG
■新作キッズジャケット
キッズシャツワンウェイプリーツスカートリボンタイ■106cm/17kg 110cm着用


デザイン的には衿のゴージライン(ラペルの部分)のあたりも。
角度も太さも切替の位置も今のトレンドに合わせて書き直しています。

完成のシルエットは「キッズジャケット」の詳細ページ
分かりやすいものを載せていますのでご確認くださいね♪

キッズジャケットツイル.jpg
■新作キッズジャケットキッズTシャツストレートパンツ■116cm/24kg 120cm着用

それでは、新作「キッズジャケット」はコチラから♪

「もう、子どもが大きくなって子ども服は関係ないわ」って方も
12年ぶりにリニューアルされた「キッズジャケット」を是非ご覧くださいませ。
(見るだけでいいですから〜♪)


posted by ユーカ(you*ka) at 17:04 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | 新作のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

[お知らせ] お詫びと訂正です。plz-51 ツインショルダーバッグ レシピ

plz-51 ツインショルダーバッグ レシピ2ページ Step3の図解に
誤りがございましたので謹んでお詫びの上、訂正させて頂きます。

20170824_plz51_teisei.jpg
※画像クリックで拡大します(スマートフォンのみ)

※型紙の訂正はございません。

その他、わかりにくい点がございましたら
お気軽にメールにてご連絡ください。
この度は大変申し訳ございませんでした。

plz51_03.jpg
■ツインショルダーバッグの型紙はコチラから。
8/25以降に出荷する商品には訂正表お入れ致します。
posted by ユーカ(you*ka) at 17:00 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | お詫びと訂正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

新作「ツインショルダーバッグ」について

皆さま、こんにちは♪
お子様がいらっしゃる方は、夏休みに入ってしまいましたね。
母親にとっては忍耐の40日間とも言う「子どもの夏休み」
我が家は子ども達がだいぶ大きくなったので楽勝です!(たぶん…)

さて、今回の新作は斜め掛けもできるショルダーバッグです。
やや大き目のMサイズと普段使いに便利なSサイズの
両方が作れるお得な型紙セットになっています♪

Mサイズショルダー.JPG
■モデル:身長162cm 使用型紙:ツインショルダーバッグ Mサイズ使用

この手のエコバッグって、中身の整理が難しいですよね。
軽くて沢山入るからつい使ってしまうんだけど
ポケットが無いものも多く、スマホやカギが見つからなかったり
中身がぐちゃぐちゃってことありませんか?

ツインショルダーバッグ.jpg

新作のツインショルダーバッグは袋部分が二つに分かれていて
真ん中の縫い合わせを利用したセンターポケットもあります。

ここをスマホ入れに使うと取り出しやすくてとても便利♪
どうぜ作るなら使いやすいバッグにしたいですよね〜。

縫い代カット.jpg

布地はややしっかりめのキャンバスぐらいの厚みがお勧め。
布が重なる部分も縫いやすくなるように
縫い代カットの箇所も作り方レシピで詳しく解説しております。

ころころオープナー.jpg

こちらはつぶやきでもご紹介したクロバーのコロコロオープナー
ローラー部分がカーブしていてしっかり押さえられてアタリも出にくくお勧め!
発売当初は人気すぎてなかなか買えなかった商品らしいですよ〜。

ヘラ.jpg

続いて、印つけの定番「ヘラ」はチャコペンの跡を残したくないときに使います。
写真は肩紐の持ち手部分。
ヘラでひいた案内線の上をなぞるだけなのできれいに縫えますよ。

持ち手付け.jpg

本体と肩紐の接続部分。
脇は袋縫いで、天口部分は三つ折り処理なのでジグザグミシンの必要なし!
肩紐は写真のようにしっかりと折り返して、
ピンを外して表側から上端にステッチをかけます。

縫い始め.jpg

こちらはinstagramにも書いたのですが肩紐を縫い始めるところ。
糸先を指で押さえて縫い始めると裏側も綺麗に縫えるんです♪
押え金はコバステッチがきれいにかかる段付き押えを使用しています。

サイズ比較.jpg
■モデル:身長162cm 使用型紙:ツインショルダーバッグ

新作のツインショルダーバッグはお得な2サイズセットです。
大きさの違いはこんな感じ。
Sサイズでも雑誌が入る大きさなので出番が多いですよ。

夏休みですし、お子様と一緒に作っても楽しいと思います。
お好きな布地で是非作ってくださいませ♪

-----------------------------------------------------------
★新作「ツインショルダーバッグ」はコチラから!
-----------------------------------------------------------
posted by ユーカ(you*ka) at 14:54 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | 新作のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

新作「タックワンピース」について

皆さま、こんにちは!
ブログの更新が久々すぎてログインするのに数分かかりましたわ…

さて、instagramでもちょくちょくでている新作の「タックワンピース」
モデル撮影が終了して、やっとご紹介出来る日がきました!

Vネックワンピ.JPG
■使用型紙:「タックワンピース」 モデル:身長162cm SサイズVネック着用

夏ってワンピース着たくなりません?
涼しく過ごせるのに見た目はきちんと感があって
暑い日のお出かけにはぴったりのアイテムですよね。

こちらはC&Sさんのドットミニヨンで作った共布ベルト付きのサンプル。
やや透け感がある素材なのでスカート部分に裏地を付けています。
(裏地の型紙と作り方レシピも記載しています)

リバティワンピース.JPG
■使用型紙:「タックワンピース」 モデル:身長162cm Sサイズクルーネック着用

こちらはクルーネックで作ったリバティ(Alba)のサンプル。
今回の新作はVネックとクルーネックの両方が作れますの。

レトロなプリント柄はクルーのほうが合うような気がして…
柄ものは広がって見えやすいので市販のベルトで引き締めるといいですよ♪


**********************************************
      サイズ選びの参考に
**********************************************
今回のワンピースはS(S−M)とM(M−L)の2サイズ展開です。
Mサイズは110cmの生地幅を目一杯使うので、これが一番大きなサイズになります。
ウエスト位置に切替があるので基本的には身長で選んで頂くと良いかと思います。

Sサイズ(S−M) 身長の目安 150〜158cm
Mサイズ(M−L) 身長の目安 158〜165cm

pl22_01-02.jpg
■使用型紙:「タックワンピース」 モデル:身長162cm Mサイズクルーネック着用 布地:ダブルガーゼ

上と下の写真は、同じモデルさんが違うサイズを着ているので参考にしてくださいね。
MはSよりウエスト切替の位置が1.5cm低く、身幅が8cm大きいです。
サッシュベルトをする場合は、身幅の大きさはあまり気になりません。

身丈も8cmほどMサイズのほうが長いですが、
Sサイズでもスカート部分は延長補正が簡単に出来ます♪

pl22_20-21.jpg
■使用型紙:「タックワンピース」 モデル:身長162cm SサイズVネック着用 布地:C&S やさしいリネン

私は身長が154cmしかないので迷わずSサイズですが
モデルちゃんのように痩せていて身長がある場合はどちらでもいけます。
詳細ページにはスカートの延長補正をしたサンプルもご紹介しているのでご覧くださいね♪

Vネック.JPG

さて、次は首まわりの仕様について。
一見、共布の裏バイヤス処理のように見えますが
実は細い幅の見返し処理になっています。
伸びを防いで縫いやすくする為に見返し布の裏側には薄手の芯を貼ります。

クルーネック.JPG

こちらはダブルガーゼの見返し処理。
ダブルガーゼは布地が2枚くっついていて芯を貼ってもずれてしまうので
芯は貼らずに、縫い代部分に入れる切り込みを少なくして仕立てます。
この場合はVの先と両肩部分の3カ所だけであとは上手くなじませました。

裏地.JPG

最後はスカート部分につく裏地について。
上半身はキャミソールなどを着る方も多いと思いますが
スカート部分は裏地がないと透けてしまう布地もありますよね。
ほんの少しの手間が掛かるだけなので付けたほうが完成度は上がりますよ♪
ちなみに写真のサンプルは、表の柄に合わせて裏地もドット柄にしました。

Vネックにするかクルーネックにするか、
無地にするか柄ものにするか、悩む時間も楽しいですよね。
この夏の思い出に、ワンピースを着た素敵女子の姿を残してくださいね!

-----------------------------------------------------------
★新作「タックワンピース」はコチラから!
-----------------------------------------------------------
(以下 2017/7/20追記)

  今回のワンピース。サイズで悩みませんか?
  身長的にはSサイズだけど身幅が心配だからMサイズかな。
  そんなつぶやきが聞こえてきそうです。
  
  ■サイズ選びの目安に…
  ------------------------------------------------------ 
  身長154cm/体重48kg → Sサイズ
  身長158cm/体重53kg → Sサイズ
  身長162m/体重45kg → Sサイズ/スカート丈5〜8cm延長
  身長164m/体重53kg → Mサイズ
  身長168m/体重50kg → Mサイズ/スカート丈5〜8cm延長
  
  体重が55kg以上ある人はMサイズ。
  身長が低い人は、ウエストの位置が下がってしまうので
  Sサイズのほうがベルトなしでもすっきり着れますよ♪

  以上。参考になれば嬉しいです!
posted by ユーカ(you*ka) at 17:19 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | 新作のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
△このページの先頭へ