2013年02月15日

ジュニアジャケットのニットアレンジについて


皆さまこんにちは♪
先日は新作ジュニアジャケットの型紙に
沢山のご注文を頂き有難うございます。
やっとご紹介できてホッとしていたら風邪ひいちゃいましたわ。

ジュニアジャケットの型紙はワッペン&ボタンと一緒に
昨日より再販を開始しています!!

ニットJKモデル.jpg
■モデル150p/40kg 150p着用 ボトム:ストレートパンツ

写真は詳細ページでご紹介しているニットアレンジ。
作り方をレシピに載せていないのでこちらでご紹介しますね♪

2本針のロックミシンをお持ちの方なら
カーディガン感覚で作って頂けますよ。
ちなみに私は撮影前日に5時間で作りました!

モデルBS.jpg
■裏衿を別地にしてポイントにしています

まず使う型紙は裏地以外のすべてのパーツです。
それ以外にご自分で「後ろ見返しのパーツ」を
作って頂く必要があります。
見返しのステッチ、うっすら見えるかしら…。


ニットJKスタン.jpg
■150pのボディ(スタン)に着せたところ

作り方は基本的にレシピに沿って。
縫い代幅が1p以上ある部分は
振り幅に合わせてカットしながら縫製します。
※肩と袖ぐりは1pのままでOKですよ〜。

見返し.jpg

ストライプ部分が後ろ見返しのパーツ。
前見返しの肩線とつながりのいいラインで
後ろ中心のところは5.6pあれば大丈夫です。
■型紙はついていないので自分で作って下さいね♪

見返し奥.jpg
お名前タグにテープを挟んでフックに掛けれるようにしました。

見返しの端はロックで処理して内側に折り込み
前は5mmの位置を表側からステッチで抑えて、
後ろ見返しはコバステッチで後ろ身頃に
縫いとめておくとヒラヒラしないでいいと思います。

見返し裾.jpg

裾の縫い代は4cmでは広いので1pカットして。
1p+2pの三つ折り処理にしました。
厚地の場合はロックをして二つ折りでもOKです。

ニットJK胸ポケット.jpg

パネルラインと外袖の縫い合わせのところは
縫い代を片返しして5mmのステッチでおさえました。
これならお洗濯しても大丈夫ですよね。

作り方に決まりはないので、レシピを元に
自由にアレンジして下さいね♪

ニットJK裏襟とホール.jpg

あとは〜袖口がニットにしては広めの設定なので
肘ラインより下を2cmほど細くなるように縫いました。
ニット地は少し大き目に仕上がるので
サイズアウトした頃に作ってもいいかと思いますよん♪

pk41_12.jpg

ではでは…ニット地対応のジャケットの縫い方は
キッズサイズリニューアルの時に研究しようと思っているので
今はこのぐらいしかアドバイスできませんが…
何かのお役に立てれば嬉しいです♪


posted by ユーカ(you*ka) at 14:33 | 神奈川 ☔ | Comment(2) | 商品のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
△このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。