2018年07月17日

バンドカラーシャツのレディ-スアレンジについて

メンズの新作「バンドカラーシャツ」に沢山のご注文を頂いております。
女性の方からも自分用に作りたいというコメントが多いので
レディース風にアレンジする方法をご紹介します。

バンドカラーレディス.jpg
■モデル:身長156cm バンドカラーシャツ Sサイズ(ショート丈/袖丈3.5cmカット)着用

普段レディースのS〜Mサイズを着用しているモデルちゃんが
バンドカラーシャツ」のSサイズを着用しています。

メンズは胸の立体処理がないので身頃はそこまで大きく感じませんが
お袖はやや太く感じます。
肩の位置も少しドロップした位置になります。
前開き部分はメンズのレシピをそのまま反転して
右上前になるように仕立てています。

バンドカラーレディスバックスタイル.jpg
■モデル:身長156cm バンドカラーシャツ Sサイズ(ショート丈/袖丈3.5cmカット)着用

着丈は型紙に記載されているショート丈をそのまま使用。
袖丈はモデルちゃんの裄丈に合わせて3.5cm短く補正しています。

ビックシャツのイメージで着るならば、肩がもう少し下がるように
バンドカラーシャツ」のMサイズの型紙を使用して
着丈と袖丈をもっと短く補正しても可愛いように思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以下は型紙の補正の仕方です。
型紙を切る前に補正用にコピーをとっておくと作業がしやすいです。

補正01.JPG

女性の手首は細いので腕まくりしても落ちてこないように
袖口あきを3cm短く補正しました。

補正02.JPG

袖口あきの合印の位置も1.5cm短く移動します。

補正03.JPG

着る人の裄丈に合わせてひじのラインで短く補正します。(今回は3.5cmカット)
※裄丈はお首の後ろ中心から肩先を通って手首の少し下あたりの長さです。
パターンレーベルのサイズガイドFのところです。

補正04.JPG

袖の脇線(袖下線)がずれるので繋がりよく引き直します。

補正05.JPG

拡大するとこんな感じです。
下側の紙をあらかじめ残しておくと補正がしやすいです。

補正06.JPG

型紙の補正はここのみです。
前立て布(前あき部分)は裏返して裁断して
レシピの図解を反転して作っていますが、
途中あきの場合はどちらが上前になってもあまり違和感がないので
そのまま作っても大丈夫だと思いますよ〜。

■メンズ「バンドカラーシャツ」はコチラから
posted by ユーカ(you*ka) at 17:33 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | 商品のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
△このページの先頭へ