2007年10月18日

家庭用ミシンで厚みのあるものを縫うコツ

新作デイリーリュックスタイルアップパンツ
そろそろお手元に届いた頃かしら。

難しい縫い方はあまりありませんが
細かい作業は沢山ありますの。
ぶ厚〜いレシピを見て
テンション下がっていないかしら。

アトリエスタッフは今回の原稿作りで皆おかしくなりました…
(パソコンやプリンターもおかしくなりました♪)


パワーのない家庭用ミシンで厚地を縫う時に
役立つコツをご紹介します。
以前ご紹介したものは縫っている途中での
段差の対処方法でしたが
今回は厚みがあるものを縫い始める時のコツです。

0710tape_dan.jpg
<デイリーリュックの調節紐の縫い合わせ>

ミシンの押さえ金が水平に保たれるように
後ろ側にあまったテープを差し込んで縫い始めます。

市販のPPテープはあまり厚みがないので
普通にしていても縫える事が多いですが
写真のような厚みがあるテープを使う場合は
このように押さえ金を水平に保って縫うと
スムーズに針が前に進みます。
市販のテープをそのまま使うと味気なかったので
飾りステッチを2本かけてみました♪


plz10_03-2.jpg

使用型紙:デイリーリュック Sサイズ
モデル:1歳男の子 身長70cm 
コーディネイト:ベビーロンパース Tシャツアレンジ、ベビースパッツ 
        共に70cmの型紙使用


※肩紐は市販のPPテープのみでも制作できます。


posted by ユーカ(you*ka) at 17:49 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
△このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。