2008年05月24日

表から見返しが覗かない作り方

ご注文時に頂く備考欄をお読みすると
「レシピが見たくて買いました!」
「作りながら勉強したいと思います」など、
レシピをお目当てにご購入して下さるお客様が
とても多いことに気がつきます。

わたしは縫製工場で使用している型紙や
アパレル特有の縫い方を研究するのが大好きです。
既製服をほどいたりするのは日常で
ここ数年は物足りなくて
業界でも名高い先生方について
勉強させて頂いています。

実は先日ご紹介した大人物のアイテムで
写真を加工しながら気になるところがありまして…

グリーン見返し1.jpg
↑クリックで拡大します。

ネックラインの前側にチラッと見返しが覗いてますでしょ。
これが気になって、気になって…
簡単でいい方法はないかしら。
徹夜で調べた結果、いくつかアイデアが見つかりました。

早速、次の日シーチングでsachiが試し縫い。
「グゥ〜グ・グゥ〜」です。
ごめんなさい。変なテンションで…

見返し控え.jpg

表地より数ミリ控えられたところに
見返しがくるようになりました。
型紙にちょこっと操作をしてみましたの♪
縫製は通常どうり、
見返しと身頃を縫い合わせて
ひっくり返すとあら不思議。
ちゃんと控えられます♪
表側もすっきりしますね。


見返しの控え.jpg

たくさんの服をみていると
今まで気にならなかったことが
気になるようになります。

もうすぐ最終原稿完成!って時に
だいたいそんな事件を起こすわたし。
レシピを楽しみにして下さっている方を思うと
どうしても妥協ができなくて…
もっと計画的に作業を進められればいいのですが
職人肌のわたしにはできそうにありません。
どうぞ気長にお待ち下さいませ…


posted by ユーカ(you*ka) at 23:55 | ☔ | Comment(10) | TrackBack(0) | オススメなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます♪
ユーカさんの徹底したこだわりに感動してしまいました。このこだわりのおかげで私でもステキに見える服が縫えるのだと改めて感じました。洋裁初心者の私ですがユーカさんのおかげでニットシャツからコートまで縫えるようになってとっても楽しんで縫い縫いしています。

同世代の母としてもステキなユーカさん。ずっと応援しています!私も頑張ります!!
Posted by sakuramame at 2008年05月25日 06:50
sakuramameさんに同感です!!

小4の長男が生まれてから子供服の手作りにはまっている私ですが、ユーカさんのパターンに出会ってから素敵な服が簡単に作れるのでとても嬉しいです。特に3歳になった娘の服はほとんどパタレ仕様。

同世代の働くママとして、ユーカさんの仕事、子育て、主婦として全力投球の姿には、感動し励まされ「私も頑張ろう」という勇気をもらっています。

私もずっと応援しています!!
でも、健康にはくれぐれも気をつけて下さいね!!
Posted by moumou at 2008年05月25日 07:10
毎日、いつ新作発売かと、どきどきしながらまっています。
パタレに出会うまで、手作りしても、いつも「しっくり」気に入るものにならなくて、「もやもや」してました。
そして、出会ってから、既製服を超えた愛着でこども服が作れる型紙にすっかり魅せられ今日に至っています。

お体大事にして下さいね。ファンには待つのも、楽しみの一部です(笑)
Posted by setsu at 2008年05月25日 10:52
こんにちわ♪

パタレさんに出会った頃は小さかった娘ももうすぐ4歳。 
今では娘の服を買うことがなくなってしまったほどすっかりパタレ一色です^^

デザインだけでなく、レシピからもユーカさんの人並み以上のこだわりと優しさも伝わってくるようで、学ばせていただきながらいつも楽しく縫い縫いしています。

パタレ服だと、贈り物はもちろんお下がりでもとっても喜ばれるんですっ^^

新作、待ちますとも♪
くれぐれも無理はしすぎないでくださいね。




Posted by Hannah at 2008年05月25日 14:04
you*kaさんのこだわりのおかげで、私達がステキな洋服をカンタンに作れるんですよね♪
大感謝です!!

以前は、洋裁本のパターンをよく利用してました。図書館で借りたり、本屋で気に入ったものを買ってきたり。モデルが着ている状態をみると「これならいいかも」と思うけれど、いざ作って着せてみると「????」なカンジ・・・。

別に、悪くはないけれど、なんか『手作り』なカンジがする。
どこか野暮ったいというか・・・。

たまたまネットをやっていて、パタレさんのサイトを見つけ、TOP画像を見て「コレだ〜!!!」と思いました・:*:・(*´∀`*)・:*:・

洋服を作ることはさほど難しくないけれど、洗練されたラインのパターンを作ることは大変な技術とセンスが必要ですよね。
you*kaさんのおかげで、私みたいな初心者でもステキな服が作れるようになりました♪

勉強になる詳しいレシピ、量産したくなる素敵なパターン。
一度でも作ってみたら、抜けられないパタレワールドですねw
Posted by りゅの at 2008年05月25日 15:52
コメント下さった皆様へ♪♪

うれしいお言葉、本当にありがとうございます。
わたしのひきこもり生活も報われますわ。

あまりにマニアックな方向に行き過ぎる時は
このこだわり伝わるのかしら…
と疑問に思うこともよくあるのですが
なんとなくでも伝わればいいと思って研究をしています。

企業にいたころはできなかったことなので
とことんまで追及できる今の環境はわたしにとって幸せな時間です。
これからも日々成長できるように頑張ります。

あらあら、またもこんな時間。
そろそろ寝ないと1週間もたないわね…
今週発表、目指していますの。
Posted by you*ka(ユーカ) at 2008年05月26日 02:01
初めて、ホームページみさせていただきました。その中で少し気になることがかいてありました。私は、30年程洋裁をしてきました。見返しの向こうが見えない縫い方とか、また、パターンさえあれば縫うのは簡単とか書いてありましたが、それは、少し疑問に感じます。洋裁というのは、1ミリでも違った縫い方をすると表地と裏地があわなくなり、着心地が悪くなったり、シルエットが悪くなったりしますので、ものすごく緻密に縫わなければいけないと思います。見返しというものは、そもそも、1ミリ控えて縫うもので、型紙を操作するのもいいですが、控えて縫う縫い方を教えられたほうがいいと思いますよ。それから、見返しを気にされてるのにボタンホールを機械でするのには疑問です。ボタンホールは、最後の仕上げで大事な部分です、機械でやると切り口が汚いしほどけやすいので、手でやることをお勧めします。手でやるとほんとに綺麗に仕上がりますよ.もうひとつ気になったことは、どこでもピンで縫うところです大事なところや、ずれてはいけないところは、仕付けをするように、してほしいとおもいます。最後に、返し縫というのは、表に見える部分ではしないほうがいいと思います。返しぬいは地縫いの部分だけにして表に出る部分は見た目が悪いので,端まで縫ったら、糸を下側に出して結び縫い針で中に通して結んだほうが綺麗です。すみません色々書いたのは、見返しの部分を気にしている割には、ほかの部分の縫い方が汚くて気になりました。ホームページを出すということは、いろいろな方に大きな影響をあたえますので、きちっと勉強してから書くようにしてください。
Posted by hide at 2008年05月28日 15:45
hideさま

こんばんは。
貴重なご意見ありがとうございます♪
パターンレーベルの型紙とレシピはアパレル工場での縫製や工程をもとに
ご家庭の環境で簡単に縫えるようにアレンジしてご提案しております。

洋裁がより手軽で身近なものに感じて頂けるように♪
手縫いや洋裁のテクニックを必要とする部分を極力少なくして
完成度の高いシルエットや仕上がりを体験できるように♪
実際に工場さんで進められている新しい縫い方を研究してご紹介しております。

しつけ縫いや返し縫いなど、
手をかければかけた分だけ良い作品に仕上がることは勿論ですが、
あえて効率的な方法をご提案しておりますことを
ご理解頂けたらと思います♪
Posted by you*ka(ユーカ) at 2008年05月28日 19:59
hideさんの意見も you*ka さんの意見もよく分ります
というのも 自分自身が 簡単洋裁から入り
物足りなくなって オーダーメードの仕立てをかじったからです

 見返しの件で 興味がありましたが
 控えて縫えば 型の操作なんて不必要だし
むしろそのやり方を覚えた方が 全てに使えるのに なぜ?と思いましたよ 
数ミリは控えすぎで 不細工な気もしますし・・・・ 

ボタンホールは 物によっては 重すぎる感じ(古くさい?)になりますが 
やはり 玉縁は綺麗で丈夫です
ただ これは数をこなさねばならないし 
本でみただけでは できそうにありませんが
それよりも もっと気になるのは 見返しのロック始末です 
芯を一旦縫い合わせると
とても綺麗で しかも丈夫になります

個人的に裏が綺麗なのが好きだから 
縫い代の始末は 普段着でもバイヤス処理です(技術の向上もかねて)

 簡単にできる=いい物ができるではありませんね これも経験上 
ただ 洋裁入門としては 簡単早いと 達成感がありうれしい物です
はじめから 緻密にせよ と言われたら ちょっとしんどかったかも 
簡単な物から作って 後は 本人の満足度によりレベルアップしていったらいいですね

昔は既製品は ぶらさがりといって 格下だったのに 
今は 既製品のように綺麗 というのが評価です 世間の評価って動きますね

 せっかく 作るのに 既製品の手抜きと同じ仕上げでは 私は物足りません
しつけなんんて 面倒 と思っていた私ですが 
今は あると便利な部分にはその手間を惜しまなくなりました 
縫い代付きも 初心者の時は こんな便利な方法 と思いましたが
 結局 仮縫い 補正の必要がでてくると 意味ないな と思っています
 むしろない方が楽だったりします

 hideさんは きっと 洋裁を愛されていて
これでは勿体ないと思われたんでしょうね
その気持ちよくよく 分ります
けど 求める人はきっと 自分から 探求していくでしょう
Posted by きゃさりん at 2009年08月08日 05:43
客観的かつ的を得た、きゃさりんさんの意見に感動しました。

私もまだ初心者です。
最初はみんな簡単、効率的なものを求めると思います。ユーカさんはそれでは物足りなくなっている、今、そんな段階なのだと思います。でもベテラン・プロの完全緻密なテクニックまでは欲していないし、自分なりに気になるところを研究していて、それをホームページで共有されているんだと思います。

ホームページは確かに影響力がありますが、それを閲覧し、参考するこちら側にも責任があるので、これはこれでいいと思います。
Posted by nami at 2011年01月18日 12:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
△このページの先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。