2007年05月17日

アイロンより便利な「手ぐし」について。

こちらもよくご質問を頂く洋裁用語「手ぐし」
「朝は面倒だから手ぐしで〜」なんて
髪の毛の整え方じゃございませんの。

洋裁で使われる「手ぐし」は
フィンガープレスとも呼ばれています。

縫い目を割るときにアイロンをかけると
ピシッときれいに割れますよね。
でもいちいちアイロンを出すのが面倒。
そんなときは手の指やお爪でぐりぐりと縫い目を割って
折り目をつけますの。

手ぐし.jpg
手ぐしで生地に折り目を付けているところ。お爪を立てると折り目がつきやすいです。

化繊系の布地にはあまり効果がありませんが
綿や麻素材は折り目がつきやすいです。

アイロンがかけにくい細かいところや
ちょこっとだけ縫い代を割りたいところにも
「手ぐし」はとても便利です。

縫う工程の途中途中でアイロンをかけると
仕上がりも綺麗になりますが
やっぱり面倒と思うこともありますね。
そんなときは是非「手ぐし」を。
その分仕上げアイロンはしっかりかけてくださいね。


パターンレーベルのレシピは
効率的な縫製テクニックをお試し頂けるように
型紙とレシピをオリジナルで企画・制作しております。
よく使われる洋裁用語もあわせてご紹介しております。
posted by ユーカ(you*ka) at 06:14 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
△このページの先頭へ