2006年07月13日

パンツの股下をきれいに縫う方法

パンツの股下を縫い合わせるとき
縫い代が重なって縫えないわ〜。
なんてことありませんか?

夏物の薄い素材でも苦戦しますよね。
前パンツ、後ろパンツの片返しした縫い代が
股下に集結するのです、、、。

股上の縫い代を「割り」にすると
縁かがりが倍になって面倒だし、
強度も不足するので2度縫いしなくてはいけないの、、、。

中心のステッチはデザインポイントにもなるので
やっぱり片返し+押さえステッチがステキかしら。

pk08_mata.jpg
パターンレーベル クロップドパンツ 

そんな時はカーゴハーフパンツクロップドパンツレシピのように
縫い代を互い違いに倒せば解決です♪

前後のパンツとも同じ方向に縫い代を倒して
押さえステッチをかけますの。
股下の縫い代の高さが同じになるので
中心もぴったりあわせやすいです。

股のステッチ線は前後で画像のようにずれますが
お股を覗き込むことってなかなかないですよね。
着心地と立ち姿がいいほうがお子様も気に入ってくれるはず。

最近は縫い代の倒す方向やステッチの位置も
家庭用ミシンで縫い易いようにデザインしていますの。
どんどんマニアな方向にいってしまうわたくし、、、。
もしかして変なヒト?
イヤイヤ、わたくしより変なヒト。
この業界にはいっぱいいます。
posted by ユーカ(you*ka) at 10:31 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
△このページの先頭へ